はるかの気分

はるかの気まぐれ日記です

最近、お粥を食べる機会が多くなりました。

炊いたご飯が食べきれなく、
かといって焚いてから時間が経つと美味しくなくなるので、
お粥にして食べる機会が増えたのです。

家族が食べるご飯の量が減ってきているんですよね。

家族みんなが年々歳を重ねていきますので、
それに並行して食べる量が少なくなってきています。

胃腸が少しずつ弱くもなっているのだと思います。

そういうこともあってか、
私を含めてお粥が美味しく感じられるようで、
普通に炊いたご飯よりお粥の方が好きなくらいなのです。

普通のお粥もおいしいですが、
卵を入れるお粥も美味しいです。

お粥に筋子とか鱈子がとても合います。

魚卵は塩分が多いので控えるようにしていますが、
これがまたおいしいんですよね~(^^;

私はコーラをほとんど飲みません。

年に1度でも飲めばいい方です。

10代の頃までは、
それなりに飲んでいたと思いますが、
それ以来は、それほど飲んでいないはずです。

でも、なぜか、ここ2ヶ月ほど、
風呂上りのコーラにはまっているのです。

そのきっかけは、
仏壇に上がっていたミニ缶のコーラがいつまでも残っていて、
もったいないと思い、
風呂上りに飲んだのがきっかけでした。

あの味と、あの喉にジワジワくる炭酸が癖になり
それ以来、イオンで1缶55円のミニ缶をまとめて買い、
風呂上りに飲むのが習慣になりました。

風呂上りのコーラにはまっていると言っても
それほど多くの量は飲みたいとは思わないのです。

だからミニ缶で充分と言うか、
ミニ缶でも少し多いくらいで、
3口ほど飲むともう十分なのです。

だけど、3口で十分だとはいえ、
残して捨てるのももったいないですので、
ミニ缶1本を飲んでしまいます。

ちょっとカロリー的にも、
糖分の量を考えても、
残ったら捨てるといいのですが、
なんかもったいないのですよね。

時の経つのは早いもので、
秋も深まり、里も紅葉がきれいになりました。

ということは、そろそろ、
クルマのタイヤを夏タイヤから
スタッドレスタイヤへ交換しないといけません。

このタイヤ交換、
地味に面倒なものです。

自分で交換するのは不安なので、
近くのガソリンスタンドでやってもらうのですが、
あんまりギリギリの時期にすると、
タイヤ交換の人たちがわんさかとやってきて、
待ち時間が3時間・4時間があたりまえになります。

なので、私は、早めに交換するのですが、
あまり早いと、なんかタイヤの減りが早まるような気がするのです。

なので、早すぎもせず、ギリギリにもならず、
というタイミングが見極めなければいけません。

しかーし、雪は、毎年、同じ日に降り始めるわけではありません。

なので、見極めが難しいのです。

私の勘としては、
今年は寒くなるのが早いので、
雪も早く降り始めるだろうとふんで、
今年は早めに交換するつもりです。

なので、そろそろ、スタンドへ
タイヤ交換の予約電話を入れようかと思います。

だけど、今日は、ちょっと暖かくいい天気。

こういう天気だと、まだいいか、
と迷うんですよね。

とても急いでクレジットカードを作りたいというシチュエーションは、
私はちょっと思い浮かばないのですが、
世の中には大至急クレジットカードを作りたいという方がいるようです。

例えば、明日海外旅行へ出発するのに
クレジットカードを作るのを忘れていた、とかってあるそうです。

そういう人たちのために申し込んだその日の内に
カード発行をしてくれるクレジットカード会社を紹介しているのが
『最短即日発行(当日中に)が可能なクレジットカード』です。

クレジットカード会社の紹介だけでなく、
申し込んでから実際に受け取るまでの手順もご紹介されています。

また、学生向けに即日発行できるクレジットカードや
即日発行できるETCカードもご紹介されています。

それと、多少時間的余裕がある方には、
一週間ほどで自宅へ届くクレジットカードもあるそうです。




1ヶ月ほど前から、右肩がときどき痛くなります。

普段は痛みがありませんが、
動きによってズキンと痛みが走ります。

これで、こういう肩の痛みは、
今回で2回目です。

5、6年前にもこのような肩の痛みがありました。

その時は、左肩だったんですよね。

その時は数か月間、痛みが続いたと思います。

今回は、右肩で、
痛み始めてから2ヶ月ほどになります。

前回と痛みの期間が同じだとすれば、
そろそろ痛みがなくなりそうなものですが、
まだ、痛みがなくなる感じはありません。

痛みがなくなるように、
時間があるときに左手で右肩をマッサージしたり、
右肩を痛く感じない範囲でグルグル動かしたりしてみています。

私の場合、普段の生活にあまり支障がないので良い方ですが、
五十肩の症状が強い人は病院へ通っているという人もいるようですし、
場合によっては手術が必要になることもあると聞きました。

とにかく、今以上の症状にならないように、
マッサージや痛くない範囲での運動を続けようと思っています。

このページのトップヘ