はるかの気分

はるかの気まぐれ日記です

カテゴリ : 買い物

私はコーラをほとんど飲みません。

年に1度でも飲めばいい方です。

10代の頃までは、
それなりに飲んでいたと思いますが、
それ以来は、それほど飲んでいないはずです。

でも、なぜか、ここ2ヶ月ほど、
風呂上りのコーラにはまっているのです。

そのきっかけは、
仏壇に上がっていたミニ缶のコーラがいつまでも残っていて、
もったいないと思い、
風呂上りに飲んだのがきっかけでした。

あの味と、あの喉にジワジワくる炭酸が癖になり
それ以来、イオンで1缶55円のミニ缶をまとめて買い、
風呂上りに飲むのが習慣になりました。

風呂上りのコーラにはまっていると言っても
それほど多くの量は飲みたいとは思わないのです。

だからミニ缶で充分と言うか、
ミニ缶でも少し多いくらいで、
3口ほど飲むともう十分なのです。

だけど、3口で十分だとはいえ、
残して捨てるのももったいないですので、
ミニ缶1本を飲んでしまいます。

ちょっとカロリー的にも、
糖分の量を考えても、
残ったら捨てるといいのですが、
なんかもったいないのですよね。

もうすぐ今年も終わりですね。
クリスマスケーキの注文しましたし、
おせち料理も注文しましたし、
あとは新年を迎えるだけという感じてありますが、
その前に年賀状を書かないといけません。

年賀はがきはかってあるんです。

でも、まだ、何も書いてません。

と言っても、はがきの裏に干支とかの絵が印刷済みの年賀はがきで
差出先を書いて出せばいいだけなんですけどね(^^;

なぜ住所を書くだけなのに筆が進まないのかというと、
自分の年賀状ではなく親の年賀状だからです。

私は、自分の年賀状を出すのは、
もう何年も前から止めていますし、
親しい人にはメールで新年のメッセージを送っています。

年賀状って悪くない習慣だと思うんですが、
いざ自分で住所とか宛先を書かないといけないとなると面倒なものなんですよね。

でも、そろそろ書かないといけないかな…。

先日、父が、テレビでジャパネットたかたを見ていて、
「これを注文してくれ」と私に頼みました。

その商品は、電気髭剃りでした。

父は、昔から、電気髭剃り派で、
2~3年おきに買い替えています。

今使っている電気髭剃りの剃りが良くなくなっているらしく、
ジャパネットたかたでちょうど電気髭剃りをやっていて、
電動鼻毛切りもセットになっているのが気に入って買うことにしたようです。

私は、ネットでジャパネットたかたにアクセスして、
電気髭剃りを購入。

注文してから3日後に届きました。

早速、父は使っていたようですが、
そり心地に満足したようです。

電動鼻毛切りもいいみたいです。

父は手先がちょっとおぼつかなくもなっていたので
鼻毛を切る時にハサミだと上手く切れないようで、
電動鼻毛切りが欲しかったみたいです。

ガソリンの値段がまた高くなっています。
1リットル143円です。

つい、数か月前は、126円まで下がったのに。

私は地方に住んでいるので、
自動車は足代わりに毎日使います。

ですので、ガソリンの消費も多いのです。

140円を超えると1回の給油で5000円を超えるのです。
すっごくお財布的に負担を感じるようになります。

円安も、もうこの辺で止めてくれないでしょうかね。

輸出企業はそれで業績が回復しているでしょうが、
一般の消費者としては負担増えはもうこの辺にしてください、
という感じです。

地方に住んでいると輸出企業の業績アップによるおこぼれも少ないですし、
円安で負担だけが増えている気分です。

最近、スマホのSIMフリーとかの広告を
ネットをやっていると見る機会が増えていると感じます。

私、実は、前から通信料金が安い格安スマホに乗り換えたいと思っていたんですよね。

だって、スマホを持っていても、
ネットはあまり見ないし、アプリもほとんど使わないし、
通話とメールができればそれでいいんです。

なのに、毎月の通信料金を7800円くらい支払っているなんて
なんかとっても損をしている気分なんですよね。

ネットもアプリもあまり使わないのなら
通信量が低く設定されていても料金が安いスマホにした方が
断然、通信料金を節約できますよね。

だから、スマホは今のをそのまま使えて、
SIMというカードだけを変えれば使えるという
SIMフリーでの乗り換えをしようと思っているんです。

安いのだと1ヶ月1980円とかで使えるみたいですし、
もっと安いと980円で使えたりするみたいですからね。

ホント、ネットもアプリもまり使わない私は
通信料金を無駄に多く取られて損をしていると思うと
ちょっと腹が立ちますもの。

先日、父にダウンジャケットを買ってあげたのですが、
今は細身のデザインになっていて、
全体のラインがスリムラインになっているのはもちろん、
袖も細いデザインになっているんですよね。

袖を補足してあるのは、
デザイン上の理由で細くしているだけでなく、
袖を補足することで寒い外気が入りづらくするという
機能的な理由もあるようです。

でもですね、お年寄りになると、
袖が細いととても着づらいのです。

腕の関節が硬くなっているので、
細い袖に腕をとおすときに難儀なんですよ。

なので、袖が細くないデザインのものわ探したのですが、
そういうデザインのものは置いてないんですよね。

袖があまり細くなっていないデザインのものもおいてくれればいいのに、
なんでそのデザイン一色になってしまうんでしょうね。

袖のゆったりしたダウンもニーズがあるんだということを理解してほしいものです。

あと一週間で今年も終わりですね。

昨日は家族でクリスマスパーティーをやりましたが、
一週間後はお正月でおせちを囲んでパーティーですよね。

毎年のことですが、あせち料理は仕出し屋さんに注文をしています。

そして31日に受け取りに行って、1日に食べるのです。

なのだけど、我が家は31日の大みそかの夜に、
おせちを食べるようになっています。

ですから、おせち料理だけでなく、
お寿司屋お刺身、そしてオードブルなども頼みます。

それと、ここ数年、かかせないのは蟹かな。

蟹の脚の剥き身を買ってきて、蟹しゃぶをやります。

かにしゃぶは31日ではなく、
お正月になって元旦の晩御飯のときです。

これ、全部、注文をすませました。

でも、うちで作るものもあるんです。

茶わん蒸しと栗きんとんと錦玉子、
これだけは家で作るようにしています。

新聞を読んでいると、
格安スマホのサービスをはじめる会社の記事をちょくちょく目にします。

なんだかんだと5、6社はあるのではないでしょうか。
もっとあるかも。

つい先日も、auのKDDIが、
auとは別に格安スマホの会社を作って格安スマホに参入するという記事がありました。

ちなみに私は、auのスマホです。

でも、メールと通話くらいしか使っていません。
それも、かなり使う頻度は少ないです。

なので、月々7500円以上の料金を支払うのはもったいないんですよね。

だから、格安スマホに乗り換えたいと思っているんです。

ただ、auで使っているメールアドレスが使えなくなる、
それと、おサイフケータイでEdyを使っているので、
Edyを使えるかも気になっているところです。

この二つが解決されれば、
迷わず格安スマホにしたいんですけどね。

楽天カフェが渋谷にできたようですね。

楽天市場で人気のスイーツとか飲み物とかを
そのカフェで食べたり飲んだりできるとか。

私は地方に住んでいるので行けそうもないですが、
一時期、楽天で売れているスイーツにはまって、
けっこうお取り寄せをしていた頃があったんです。

でも、ハズレのものもあって。

だから、楽天カフェがあれば、
実際に買う前に食べてみたりできるのでいいかもとと思ったわけです。

楽天の人気スイーツにはまって買っていたのは2年くらい前かな。

きっかけは、確か、マダムシンコのマダムブリュレを買ってから。

そのあとに、和三盆のバームクーヘンとか、
いくつかのバームクーヘンをお取り寄せしたり、
評判のロールケーキをお取り寄せしたりとかしてたんですよね。

今では、あまりスイーツをお取り寄せする機会はなくなりましたが。

というのは、結局のところ、
「これは美味しい!」「送料を支払っても食べる価値あり!」
というほどのものはなかったから。

これくらいなら、地元のお店でも出しているところは
けっこうあるし、とか思って。

でも、時々、売上ランキング上位のスイーツを見ると、
お取り寄せしたくなるんですよね~。

そういう時に、近くに楽天カフェがあれば
お試し的に食べられるのにね。

先日、ビデオカメラを人生で初めて購入しました。

前から欲しいとは思っていたのですが、
ビデオカメラ必要な時は兄弟から借りたりしていたんです。

子供の発表会とかには。

でも、兄弟のビデオカメラも、
かなーり前の型のものですし、
ちょっと調子が悪くもなってきていたんです。

で、子供が高校の部活で演劇部に入り、
その舞台を撮影して残しておきたいと思っていたところ、
ちょうど近所の家電量販店でビクターのビデオカメラを
2万円で売っているということを知り、
思い切って買ったのでした。

2万円ですからグレードとしては一番下のものです。

でも、32GBのSDメモリを付けて、
追加の外部バッテリーを使えば、
2時間以上撮影できるようなので十分です。

ちなみに、外部バッテリーは1万円ほどしました。

なので、SDメモリも入れて合計3万5千円ほどになってしまいましたが。

このページのトップヘ